友田家(周智郡森町)見学[1/6]「遠州森町」スマートインターチェンジから友田家住宅まで。山と清流がここちよい吉川沿いの県道399号。浜松は「ヤマハ・カワイ・ホンダ・スズキ・何ちゃらエレクトロニクスのある大都市だ」と言いながら坪単価については「日本一物価が安いどいなか」だと主張するダブルスタンダード・二刀流使いの卑怯者「(株)一条工務店の遠州人」ー友田家と遠州森駅【4/9】

[第951回]
  天竜浜名湖鉄道「遠州森」駅に続いて、静岡県周智郡森町亀久保 の 友田家住宅 見学の1回目です。
  新東名高速道路「遠州森町」スマートインターチェンジからと、「森掛川」インターチェンジからと同じくらいの距離です。
  今回は「遠州森町」スマートインターチェンジから行って、「森掛川」インターチェンジから帰りました。
DSC01054.JPG
〔 ↑ 新東名高速道路「遠州森町」パーキングエリア。「上り」(東京方面行き)〕
   「遠州森町」パーキングエリアに新東名高速道路から入って、その後、スマートインターチェンジから出ることはできるが、入る時にはスマートインターチェンジから入ると「遠州森町」パーキングエリアに行くことはできない。「遠州森町」パーキングエリアは高速道路利用者でなくても利用できて、外側の一般道から来た時に停めることができる駐車場があるので、「遠州森町」パーキングエリアを利用した後に新東名高速道路に入りたいという場合は先に外側の一般駐車場にクルマを停めてパーキングエリアを利用して、その後、乗車してスマートインターチェンジを入るようにすれば、パーキングエリアを使った後に高速道路に入って進むことができる。上下線ともそうなっている。
  新東名高速道路の「遠州森町」パーキングエリアの建物の内装材には「静岡県産木材を含む木材」が使用されているらしい。

  「遠州森町」スマートインターチェンジを出ると、中遠広域農道という走りやすい道が南北にあり、右折して北に進みます。「中遠」の「遠」は「遠州」「遠江」の「遠」でしょうけれども、「中」は何なんだ? なんでしょうね。 「中部遠州」で「中遠」でしょうか。
  中遠広域農道は通行しているのはほとんどクルマだけで、クルマの通行量はそれほど多くなくて、かつ、「人っ子ひとりいない」「クルマも自分のクルマしか通ってない」などというほど少ないわけでもなく・・という「ちょうどいい」交通量の道です。
  しばらく進むと、「城下 北」というT字路で県道58号(袋井春野線・信州街道・秋葉街道)という南北に走る道にぶつかります。これを左折して北に行きます。県道58号(袋井春野線・信州街道)の東に北から南に川が流れていますが、太田川という川で天竜浜名湖鉄道「戸越」駅の西を南下し、原野谷川と合流し、袋井市と磐田市の境目付近の磐田市でさらに合流して福田漁港の西で遠州灘に注ぎます。

  県道58号は、この北、「元開橋(げんかいばし)」という橋で太田川が上流で2つに分かれた西側の三倉川を渡り、渡ってすぐに東西に分かれます。西に行く方の道が県道58号で今では浜松市天竜区になった春野町の方に行きます。天竜区春野町というと何で有名かというと、メイド喫茶の神さん? 秋葉神社がある所・・・。 しかし、「平成の大合併」で「いくらなんでも、そこまでやる?」て感じの合併が全国でおこなわれて、「市町村面積ランキング」https://ecitizen.jp/population/ListOfCitiesByArea を見ると、浜松市は高山市に次いで全国2位の面積、「平成の大合併」より前は全国1位の面積の市だった福島県いわき市は今では15位、いわき市に次いで2位だったのが東隣の清水市と合併して いわき市を抜いた静岡市は全国5位の面積。この調子でいくと、そのうち、静岡県は旧遠州地域はすべて浜松市、旧駿河地域はすべて静岡市・・となりそうな情勢( 一一)( 一一)( 一一)
  しかし、それにしても、秋葉神社のあたりまで浜松市になるとは・・・。どう考えても、秋葉神社のあたりなんて「浜」とちゃうやんか・・・と思うが、秋葉神社の守護をもってしても浜松帝国主義の侵略(「進出」ではなく「侵略」)に持ちこたえることはできなかったようだ。

  「遠州人」というのは、こう言うのです。「浜松は、ヤマハ・カワイ・ホンダ・スズキ、それに何ちゃらエレクトロニクスがあって新幹線『ひかり』号も停まる大都市だ」と。はあ、そうでっかあ~あ・・と思うと、他方において、(株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ においては、1990年代、「セゾン275S1」というタイプを東京都・神奈川県では「施工面積」という延床面積よりも広い数字になるように設定された(ということは、「坪あたり」の金額にすると、安めに見えるように設定されている)同社独自の面積で坪あたり55万円で売らされていたものを、浜松・掛川など静岡県西部では坪48万円!と、1割5分近い大幅なダンピング販売をして、名古屋では坪49万5千円と大幅なダンピング販売をしていた。 なおかつ、静岡県中西部・愛知県だけテレビ広告をドカンと一発♪ やりまくり、テレビ番組のスポンサーまでやって、東京圏の営業には「一条工務店は創業から『いいものを作れば売れる』という考え方で、テレビ広告などは一切やらずにきた会社です」と研修で嘘を教えて来場客に嘘を話させて、浜松出身の来場客から「何を言ってんだよ。一条工務店は東京ではテレビ広告やってないけれども、浜松ではいっぱいやってるじゃないか。嘘、言っちゃだめだよ」と言われさせてきたのだった。 東京都・神奈川県では坪55万円のものが東京圏・関西圏に継ぐ大都市圏の名古屋で、「のぞみ」号の1台か2台を通過させただけでも「名古屋飛ばし」と言ってごねる名古屋が坪49万5千円になるのか? それを「(株)一条工務店の遠州人」とか名古屋南営業所の営業所長の近藤路夫は「物価が違う」などと言うのだったが、はあ? はあ~あ???
  しかし、なぜ、東京都・神奈川県では坪55万円のものが浜松・掛川では坪48万円になるのか。多くのハウスメーカーは東京都で坪55万円なら静岡でも浜松でも名古屋でも坪55万円なのに、なぜ、(株)一条工務店は東京都・神奈川県よりも浜松・掛川や静岡・名古屋ではドカンと一発安い値段で売っていたのか?
(1) (株)一条工務店は通し柱と真壁和室の役柱は桧のムク材を使用していたが、この桧の柱は(株)一条工務店のプレカット工場で見ると、「東濃桧」「吉野桧」「美作桧」「博多桧」といったスタンプが押されていたが、それらの桧の柱というのは、浜松・掛川や名古屋で建てる人用に買った場合と東京都・神奈川県で建てる人用に買った場合とで「物価が違う」のかあ? なんや、おもろいこと言いよんのお・・。(株)一条工務店が使用していた梁桁材の「べいまつ」(米松、ダグラスファー)は「アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに現地法人として(株)一条U.S.A.という会社を設立して現地で加工して運ぶようにしています」と工場見学会などで説明係がマイクで話していたが、実際はアメリカ合衆国で第2位の材木会社のエビソンランバー社の社屋の中に机が1個あるかどうかのような「現地法人」のようで、名目上、「会社」があることになっていても、実際はエビソンランバー社から買っているのと特に変わらないみたいだったが、それでも、日本で商社を通じて買うよりも現地で買った方が目が詰まったいい「べいまつ」(ダグラスファー)を買えると言っていて、これは実際に(株)一条工務店の工場に現地で買ったという米松(ダグラスファー)と商社を通じて買ったという米松(ダグラスファー)を見比べると、年輪のつまり具合が全然違うので、その通りなのだろうと思いますが、その現地で買ったという米松(ダグラスファー)にしても、商社を通じて買ったという米松(ダグラスファー)にしても、浜松・掛川で建てる人用に買った米松(ダグラスファー)、名古屋で建てる人用に買った米松(ダグラスファー)と東京都・神奈川県で建てる人用に買った米松(ダグラスファー)とでは「物価が違う」のかあ? どういう頭してると、そういう口がきけるんや。 (株)一条工務店は「完全自由設計」とか「注文住宅」とか言っていたものの、実際には使用する部材は基本的なものは決まっていて、ユニットバスや洗面台・トイレの便器なども「オリジナル」とされたものを使用することになっていて、住宅建築業の会社でも、たとえば、1990年頃までの小堀住研(株)ではそういう「システムにのっとって間取はフリー」というものは「完全自由設計」とは言わず、「システムフリー」と言って、設計担当者が一から考えて設計していく「完全自由設計」とは分けていたのだが、その(株)一条工務店が言うところの「完全自由設計」、小堀住研(株)の基準と用語なら「システムフリー」の商品のユニットバス・洗面台・トイレの便器などといったものは、浜松・掛川などで建てる人用に買った場合と、東京都・神奈川県で建てる人用に買った場合とで「物価が違う」のかあ? はあ? はあ~あ? ・・アホか、違うわけないだろうが!  「人件費が違う」などとも「遠州人」は言うのだったが、(株)一条工務店は東京都・神奈川県の従業員に静岡県・愛知県の従業員よりもそんなに高い「人件費」を払っていたかあ? バカ言ってんじゃないわ♪ よく言うわ♪ そんなもん、払っておらんだろうが! 〔⇒《YouTube-3年目の浮気 ヒロシ&キーボー》https://www.youtube.com/watch?v=H8vISMbjK7g 〕
(2) あえて、言うならば、「職人手間(しょくにんでま)」は地域によっていくらか違うから、「地方」の方が大都市圏よりも「職人手間」はいくらか安いということはあるかもしれない。しかし、浜松・掛川というのは、そんなに「どいなか」なのかあ?  片方で「浜松は、ヤマハ・カワイ・ホンダ、それに何ちゃらエレクトロニクスがあって新幹線『ひかり』号も停まる大都市だ」とか叫びまくってからに・・〔なにかと、そういうことを言わなきゃおれない症候群・・てあたりが、なんか「いなかくせえ」て感じがしないでもないが・・〕、他方において、坪単価を設定する時になると、「浜松は東京都や神奈川県とは物価が違う」とか言いだす・・・て、なんともズッコイ二刀流、ダブルスタンダード!!!  なんちゅうズッコイ連中なんや( 一一)
  東京都・神奈川県で坪55万円のものが浜松・掛川など静岡県西部では坪48万円になるのならば、福島県なら坪40万円くらいになるのか・・・というと、福島県でも坪48万円だったのだ! はあ? 「浜松は、ヤマハ・カワイ・ホンダ・スズキ、それに何ちゃらエレクトロニクスがあって新幹線『ひかり』号も停まる大都市だ」という浜松・掛川で坪48万円ならば、福島県なら坪40万円くらいになっていいのではないのか。なんで、福島県でも坪48万円なのだ???  そもそも、東京圏・関西圏に継ぐ大都市圏である名古屋で、なんで、近藤路夫は坪49万5千円でダンピング販売やっていたのだ?!?  名古屋て「物価」が安いのか? 名古屋は「職人手間」が安いのか??? 「物価」というなら、むしろ、名古屋では東京都・神奈川県ではやっていないテレビ広告に相当の費用をかけていたようであるから、その分、「物価」が高いはずではないのか?
  「東海を制する者は天下を制する」などとアホなことを言い、《「静岡県・愛知県の人間」が他の地域の人間よりも得することなら、どんなことでも「やらまいか」(やってみよう)》という ””「やらまいか」精神"" の会社だった。
  そこまで、坪単価に大きく差をつけたならば、かつ、静岡県中西部・愛知県のみテレビ広告をドカンと一発やりまくったならば、東京都では「ピンコロ」という小さい束石で施工していたものを静岡県・愛知県では「マンホールの蓋みたいなでっかい束石」で施工していたのであるからには、静岡県・愛知県の営業の契約は契約1棟を「4分の1棟扱い」としても、それでも高く評価しすぎと思われたが、ところがどっこい、名古屋南営業所の所長の近藤路夫や掛川営業所の近藤正夫という「ダブル近藤 借金コンビ」〔この2人が借金を勧めることから、(株)一条工務店は「従業員に借金を勧める会社」になってしまっていた。〕などは、自分たちの本来なら「4分の1棟扱い」でも評価しすぎの契約を、当たり前みたいに「1棟扱い」に強引にしていた( 一一)
( 一一)( 一一)  私が入社した1992年の時点で、掛川営業所長の近藤正夫が通算契約棟数全国1位、名古屋南営業所長の近藤路夫が通算契約棟数全国3位ということになっていたが、この2人の契約棟数は明らかに八百長の通算契約棟数だった
  「(株)一条工務店の遠州人」は、つくづく、ズルイ! 根性ババ である。「(株)一条工務店の遠州人」の根性は う〇こ でできている。・・ただし、あくまでも、「(株)一条工務店の遠州人」のことであって、「遠州人一般」がそうであるのかどうかとは別のことだ・・・が、「浜松は、ヤマハ・カワイ・ホンダ・スズキ、それに何ちゃらエレクトロニクスがあって新幹線『ひかり』号も停まる大都市だ」という文句は、「(株)一条工務店の遠州人」に限らず、「遠州人一般」がよく口にする文句ではある。・・かつ、「浜松の方が静岡よりも上だ」という発言もまた、「遠州人一般」がよく口にする文句で、「安倍川餅静岡 対 うなぎパイ浜松 の戦い」が「吉備団子岡山 対 もみじ饅頭広島の戦い」もしくは、U字工事の漫才の「茨城県民を敵視する栃木県民」ネタみたいに言う人は、現実に少なからずある(^^♪(^^♪(^^♪ YouTube にもその話題がでていた(^○^)(^○^)(^○^) 「いや、そんなこと言ってるのは浜松の方だけで、静岡の方では相手にしてないですから。県庁所在地もこっちであって、浜松は県庁所在地じゃないですから」と冷ややかに口にする静岡市民の発言もでていた・・が、おそらくその発言は浜松人の逆鱗に触れたのではないか・・・と思う。たぶん・・・
※ 《YouTube-B&B の漫才 1980年》https://www.youtube.com/watch?v=3Ey4MYRgF8s
※ 《YouTube-U字工事 漫才 「栃木出身者同士が出会ったら」》https://www.youtube.com/watch?v=5BxcNbjvKPI
  「仮面ライダーだってスズキのバイクに乗ってる」・・とか言いだすか? ・・その文句はまだ聞いたことはない・・が、言っても、「だから何やねん」てものだろうが。〔⇒《YouTube-仮面ライダー(スカイライダー) 第01話[公式](仮面ライダー50周年記念)》https://www.youtube.com/watch?v=c9ejQKZLpH0 〕「ウイリー走行」とか道交法違反を仮面ライダーがやってるバイク。
広島名物 やまだ屋 もみじ饅頭 20個入り
広島名物 やまだ屋 もみじ饅頭 20個入り

  その「大都市」と言いたがる症候群 浜松が面積においては相当「大都市」になったようで、面積1位の高山市の場合は、いっぱい周囲を合併しても乗鞍岳の山頂なんて人はたいして住んでないからたいして人口は多くならないけれども、面積2位になった浜松市はそれなりに周囲には人は住んでいるから、人口は784,098人と〔《ウィキペディアー浜松市》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%B8%82 〕、「政令指定都市」みたいな人口になってきた・・・けれども、ここで問題は「『政令指定都市』といっても、かつて、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸で六大都市と言っていた時代や、それに1963年に合併した北九州市が加わって七大都市と言っていた時代の政令指定都市ならともかく、今では浜松なんてのまで入って20も『政令指定都市』になってるんだから、なんだか、まるで、幕内の枚数を増やして十両まで幕内にしたみたいな政令指定都市だよなあ」なんてことを、うかつに口にすると「遠州人」は激怒してつっかかってくる・・・というあたりを見ると、やっぱり、イナカモン・・て感じがする。 私は「浜松なんてのまで入って」という表現は別に悪気で言っているのではなく、浜松に本社がある会社に勤めて浜松には何度も行った人間として親しみをこめて言っているつもりなのだが、そのあたりを、たとえば、福島県いわき市の住人は「中核市だなんて言っても、たいした中核市じゃないよなあ」とか、いわき市の生まれの人間が集まって面白がって言っているのに対して、浜松市の人間というのは、「『政令指定都市』といっても、かつて、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸で六大都市と言っていた時代や、それに北九州市が加わって七大都市と言っていた時代の政令指定都市ならともかく、今では浜松なんてのまで入って20も『政令指定都市』になってるんだから、なんだか、まるで、幕内の枚数を増やして十両まで幕内にしたみたいな政令指定都市だよなあ」なんて言うと、激怒しよるのだ・・( 一一)  そのあたりの「精神的余裕のなさ」が、人口35万人の いわき市よりも、むしろ人口78万人の浜松市の方が「いなかもん」て感じがする・・が、そう言うと、怒りよるのだ、遠州人は・・・( 一一)
  なんというのか、「あすは名古屋になろう、あすは大阪になろう」と『あすなろ物語』みたいに浜松は思っておるのだ。しかし、なれない。なれないけれども、それでも「あすは名古屋になろう、あすは大阪になろう」と浜松はきょうも思っておるのだ。だから、『あすなろ物語』に逆らっちゃいかんのかもしれない・・・し、なれてもなれなくても思うのは自由だが、片方で大都市だと主張しながら、他方において坪単価を設定する時になると「日本一のどいなか」になってやろうというズッコイ根性というのは、好きになれんな・・・。 せめて、どっちか片方にしたらどないやねん!・・と思いませんか。
  (株)一条工務店には高い役職につかせてもらいたいと思うと「学歴によって人を差別してはいかん」とか主張して、他方においてその役職の人間として責任ある対応を求められると「ぼくは高卒なんだから、そんなもの、できるわ~けがない」「ぼくは高卒なんだから、そんなもの、わかるわ~けがない」と言ってふんぞり返るという「一条オリジナル高卒のおっさん」が大量にいたが、それと似ている。必殺 二刀流。あるいは、最近、会社に、「女として扱われたくない」とか言って、それでいておのれの立場が困ると「女」に逃げ込むのを得意技にしているバカ女症候群 とか、いますでしょ、そういうのが( 一一) なんか、それと似ている・・と思う。ダブルスタンダードというのは、ズルイ! せめて、どっちか片方にしろ!!! また、””そういうバカ女症候群の機嫌をとるのが趣味のおっさんシンドローム”” の経営者とか・・いますでしょお~お( 一一) そういうおっさんというのは、電気ショック療法とかやってやると「ちょっとはよくなる」かもしれん・・? そうでなかったら「座敷牢」にでも入れてやりたい。
  又、日本の人口は増えてないのに「政令都市」の数だけが約3倍にもなった「政令都市」というのは、なんか、あんまり値打ちないなあ・・と口にしたら怒られる・・・というあたりは、「いなかも~ん」て感じがする・・が、そう言うと遠州人は怒る・・から、逆らうとうるさいから黙ってよかな・・とも思うが、私は今でも「遠州人一般」は嫌いではないのだけれども、そのあたりについては・・なんだかなあ・・・・( 一一)
あすなろ物語 (新潮文庫) - 靖, 井上
あすなろ物語 (新潮文庫) - 靖, 井上
  「東京もんのおっさん」もまた、「日本で2番目の大都市は横浜なんですよ。大阪みたいなもん、3番目でしかないんですよ」とか言いたがるのだが、(株)一条工務店にいた「木南さん」(仮名)などはよくそう言っていたのだが、横浜市が大阪市の人口を抜いて2位になったのは横浜市が周囲の市町村を併合して面積を大きくした時だったはずで、いっぱい合併して無茶苦茶広い市になることで、それよりは面積が狭い市の人口を抜いて「2位になった」「2位だ」「二番目の大都市だ」などと「東京の補完都市」が言うというあたりからして、「なんか、いなかもん」て感じがする( 一一)

  又、1992~1993年頃の(株)一条工務店の建物というのは「浜松・掛川向け」でできていた。だから、浜松・掛川でなくても「静岡県中西部から愛知県にかけて」においては「その地域で建てて住む人にはちょうどいい」建物だった・・のに対して、東京展示場に来場さる方からは「うわっ、何、これ。田舎の家みたい!」と言われ、「へえ、『浜松の家』というのは、こんな具合にできてるのですかあ」と言われ、「うち、浜松で建てるのじゃないですよお」と言われまくる建物だった。普通に考えて、「日本の暑い夏、浜辺か高校野球全国大会開催時の甲子園球場で『かちわり氷』を売る」〔1992~93年頃の(株)一条工務店の静岡県中西部・愛知県の営業〕のと『エスキモーに氷を売る』〔1992~93年頃の(株)一条工務店の東京圏の営業〕とでは、「日本の暑い夏、浜辺か高校野球全国大会開催時の甲子園球場で『かちわり氷』を売る」〔1992~93年頃の(株)一条工務店の静岡県中西部・愛知県の営業〕の方が売れやすいのは当たり前であって、『エスキモーに氷を売る』〔1992~93年頃の(株)一条工務店の東京圏の営業〕のが大変なのもまた当然のことだった。・・ところが、『エスキモーに氷を売る』〔1992~93年頃の(株)一条工務店の東京圏の営業〕方に高い坪単価を設定されて、「日本の暑い夏、浜辺か高校野球全国大会開催時の甲子園球場で『かちわり氷』を売る」〔1992~93年頃の(株)一条工務店の静岡県中西部・愛知県の営業〕の方が無茶苦茶なダンピング販売をしていて、(株)一条工務店は『エスキモーに氷を売る』〔1992~93年頃の(株)一条工務店の東京圏の営業〕方にはテレビ広告などはやらず、「日本の暑い夏、浜辺か高校野球全国大会開催時の甲子園球場で『かちわり氷』を売る」〔1992~93年頃の(株)一条工務店の静岡県中西部・愛知県の営業〕にテレビ広告をドカンと一発♪ やりまくっていたのだった。『エスキモーに氷を売る』という題名の本も出ているが、私も読んだが、テレビドラマで高島忠夫の息子だったかが「エスキモーに氷を売るような営業をやろう♪」などとニコニコしながら言う場面を見たことがあるが、俳優やったことはあっても営業やったことはない芸能人はニコニコしながら気軽に言うかもしれないが、「(株)一条工務店の遠州人」は他地域の人間にえらそうな口はきいても自分ではやらないが、実際問題として「エスキモーに氷を売る」営業というのは大変だ。私は実際に体験して実感した。
エスキモーに氷を売る ポケット版 - ジョン・スポールストラ, 中道暁子
エスキモーに氷を売る ポケット版 - ジョン・スポールストラ, 中道暁子
  「俳優はやったことがあっても営業はやったことがない俳優」が営業を扱ったテレビドラマで「『エスキモーに氷を売る』ような営業をやろう♪」とか楽しそうにニコニコしながら言っていたが、「俳優はやったことないけれども営業はやったことがある者」としては「エスキモーに氷を売る営業」なんかやりたくないわ、そんなもん。もし、エスキモーに何か売るのなら氷なんか売るのではなく、もっとエスキモーが欲しがるような商品を売るようにしたいもんだわ( 一一)
カナダ=エスキモー (朝日文庫) - 本多 勝一
カナダ=エスキモー (朝日文庫) - 本多 勝一

  県道58号は「元開橋(げんかいばし)」交差点で西に行く県道58号と東に行く県道399号に分かれる。西に行く県道58号を地図によって、袋井春野線・秋葉街道・信濃街道と表記している。東に行く県道399号は『県別マップル 静岡県道路地図』(2020.6.4版。昭文社)には大河内森線と書かれているが、森は周智郡森町の森だろうが、大河内はどのあたりのことかよくわからない。
  太田川は元開橋より少し南で北西から来た三倉川と北東から来た吉川が合流する。吉川についても、『県別マップル 静岡県道路地図』(2020.6.4版。昭文社)には「吉川」と表記されているが、ヤフー地図では「太田川」と表記されており、森町亀久保の友田家より少し上流にダムを設けて作られた「かわせみ湖」のダムの名前は「太田川ダム」と表記されている。

  友田家住宅に行くには「元開橋」交差点で右折して県道399号の方を行く。 静岡県でも北部の山間部になると、「愛知県と神奈川県の間の静岡県」と考えるのではなく「山梨県・長野県の隣の静岡県」と考えた方が無難で、「『地方』の県道・『地方』の3桁の国道というのは行ってみないとどんな道かわからない」という「地方」でも運転してきたドライバーの常識で考えて、この友田家住宅の方に向かう県道399号についても、どんな道なのか、もしかして、すれ違うのも困難な道とか、がけ側にガードレールもない道とか、道のすぐ横を川が流れている道とか、そういう道の可能性というものも覚悟してきたが、県道399号の「元開橋」から友田家住宅に曲がる所までの区間はそんなことはなかった。
  むしろ、北向きに走る場合は左手に山があって右手には太田川なのか吉川なのかの川が見えて、その川がきれいでここちよく、また、適度にクルマも通り、決して「人っ子ひとり通らない道」などではなく、強盗団に行く手を遮られて・・とかいう心配はないみたい、又、背後から迫られて「俺の背後に立つんじゃない」と言ってもどうもならないかもしれないが、そういう心配もなさそうだった・・が、上流の方には「かわせみ湖」というダム湖くらいしかないと思うのだが、けっこう、クルマは走ってくるので、川がきれいし山もきれいから、道にクルマを停めて降りて周囲を見渡して写真でも撮るか・・とか思っても、後ろからすぐにクルマがやってくる。

  県道399号を北に進むと右手に「体験の里 アクティ森」という施設があって広い駐車場もある。
※ 森町体験の里アクティ森 http://actymori.jp/make/
ここを過ぎるとクルマを停めやすい所はなかなかない。さらに北に進むと、鮎釣り場があるようだが、鮎釣りをしなくても川がきれいなので、クルマを停めて見たいところだが、けっこう後ろからクルマがよく来る。
  
  「地方の3桁の国道・地方の県道は行ってみないとどんな道かわからない」という認識を踏まえて天気予報で晴天の日を選んで訪問したのだが、晴れた日には太田川なのか吉川なのか、この川沿いの道は川もきれいだし他方の側は山で大変心地よい。但し、豪雨の時などは川の水面と道路から高低差がそれほどない場所もあるから、そういう時はあまり気持ちよくないかもしれない。だから、できるだけ、晴天の日に訪問するようにするというのは正解だと思う。
  森町営バス吉川線・・というのは吉川という川沿いの道を走るから「吉川線」と言うのだろう。その町営バス吉川線は、終点の「落合」バス停は県道399号から脇に行く道に入った先にあり、その手前の「落合下」バス停は県道399号で「カワセミの里」「亀久保公民館」「森町亀久保簡易郵便局」があるあたりにあるようだが、最初、バスの経路のように進んだ方がいいのかと思って、簡易郵便局を見つけて・・と思っていたが、簡易郵便局は帰りに「〒」マークがついている建物を見つけたが、クルマを運転中に目印になるほど大きな建物ではないので、行きには見落として先に進んでしまった。

↑ 亀久保簡易郵便局のすぐ北で吉川なのか太田川なのかを渡る橋があるが、え? こんな橋をバスが渡っていくのお? ・・と思ったが、バスが通るのはその橋の道ではなく、さらにその北で分岐する道があるようで、そちらだったようだ。

  結果としては、亀久保簡易郵便局の北の所で分岐する道を通り過ぎてしまってかえって良かったようだ。さらにしばらく行くと左にカーブする手前に、小さい標識だが「国指定重要文化財 友田家⇒」と表示が出ている右へ分岐する道がある。↓
DSC01108.JPG
自家用車で行く場合には、森町営バスで「落合」バス停に行くルートで行くのではなく、町営バスが分岐する所を分岐せずに県道399号をそのまま進んで、↑ の「国指定重要文化財 友田家⇒」という表示が出ている所を右折するようにした方がいい。 写真に撮ってきてそれを拡大すると「国指定重要文化財」の部分も読めるが、クルマを運転中は「国指定重要文化財」の部分は字が小さくて読めないが、「友田家 ⇒」だけでもわかるし、友田家が重要文化財であるか国宝であるか国指定登録有形文化財であるかはクルマで曲がる際には関係ないから、「友田家 ⇒」の表示を見て右折するといい。
  そして、右折して、もう一回、曲がらないといけないはずだが、これも実際に行ってみると困らない。なぜなら、↓
DSC01107.JPG
↑ これは助かるわ♪  ここを左折する。 逆側にも ↓ 
DSC01106.JPG
「友田家住宅 ⇒」と出ている。

  左折して進むと正面あたりに、あれかな・・という建物が見えてくる。その右側に友田家住宅駐車場があり、駐車させてもらうことができる。駐車場があるのは助かる。
DSC01105.JPG

↑ 友田家住宅駐車場から見た友田家住宅とその周囲。
静岡県は海と山があるけれども、一般には海のイメージの方が他県人には強いが、ここの場合は山。 ↑ の写真で見ても、山の中だ。
  吉澤政己『日本列島民家の旅(6)中部1 東海・中央高地の住まい』(1996.4.30.INAX出版)には、
《 遠江・駿河は、東海地方の中でも中央高地から遠州灘・駿河湾に至る標高差の大きな地域である。友田家住宅は、そのうち、標高の高い地域の民家を代表している。・・》
と出ているが、その言葉の通り、山の方に属する場所である。
《 友田家は、江戸時代初めより代々庄屋を務めたといわれる旧家で、敷地は、山を背にして風当りの少ない場所に設けられている。・・・》
と書かれているが、県道399号からは道を降りてきた場所だが、それだけに ↑ の写真を見ても、背後の山などがついたてとなって周囲からの風を防いでいる場所に建っている。 県道399号からは少し降りてくる位置だけれども、森町営バス吉川線「落合」バス停のあたりからの道で来ると、むしろ、登ってきた立地であるが、そうであっても周囲の山との関係で見ると、周囲の山が風を防いでいるような立地の場所だ。
東海・中央高地の住まい──日本列島民家の旅6中部I ((INAX ALBUM34/ LIXIL出版)) - 吉澤 政己, 入澤企画制作事務所
東海・中央高地の住まい──日本列島民家の旅6中部I ((INAX ALBUM34/ LIXIL出版)) - 吉澤 政己, 入澤企画制作事務所  

  友田家住宅には入口に木製の箱が置いてあって、見学希望者は200円をそこに入れて入場させてもらうことになっている。道側に友田さんが住まれているらしい家屋が建っていて住まれている様子だが、来場者は1日に1件あるかどうかくらいのようで、受付に人がいるわけでもない。前の農地に農作業をやっているおじさんが2人おられたので、友田さんかと思い、「見学させていただいてよろしいでしょうか」と一声かけようかと思ったのだが、なんか、あんまり話をしたくないみたいな感じだったのでそのまま入らせてもらった。入口に芳名帳のようなノートが置いてあり、「☆☆市 誰野誰兵衛」と記入するように置いてある。 来場記念グッズが販売されているとかいったものはないが、「国指定重要文化財 昭和48年6月2日指定 友田家住宅 遠州森町」と書かれたリーフレットが、「1人、1部、お取りください」と書かれてはいないがそんな感じで置かれている。
DSC01059.JPG
↑ 友田家住宅
 御朱印はない。そもそも、寺でも神社でもない(^^♪
 胸に大きく「友田家住宅」と書かれたTシャツとか・・売ってない。「山と清流と古民家の街」と書かれたチョコレートとかクッキーとかも売ってない。絵葉書も売ってない。・・普通の民家が主屋を見学希望者に見学可能としているというものだから、クッキーはない。

  帰りには、「落合」バス停の方の道を通って帰ろうかとも考えたが、行きに通った道よりも道幅が狭く急坂で、かつ、山の湧き水が道を横断しているような道だったので、やっぱり「建築探偵団」は「安全第一」、建築屋は「安全第一」と考えて行きに通った道から帰ったが、森町在住で元からこの付近をよく知っている人は別として、他県からの外来者はその方がいいのではないかと思う。

  コロナウイルスの問題で見学は可能だろうか・・と考えたりもしたが、そもそも、それほど「密」になるほどいっぱい人が来るわけではないから、見学可とされているのだろう・・と思う。見学可能時間が記載されたサイトもあったがどこだったかわからなくなってしまった。だいたい、午後4時くらいまでには退出するくらいの時間でということだったと思う。実際に今も住まれている敷地の中の建物だから、アポなしで訪問するのにあまり早朝や夜に訪問する性質のものではないだろう。

  ・・ということで、次回 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_4.html 、友田家住宅見学 させていただきます。

※ 
森町観光協会 友田家住宅 https://www.mori-kanko.jp/touristdetail/tomoda.html
文化庁 文化遺産オンライン 友田家住宅 https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/185326
静岡県公式HP 友田家住宅 https://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-180/bunkazai/detail/0197302.html
じゃらん 友田家 https://www.jalan.net/kankou/spt_22461ae2180022521/

  (2022.8.9.)


☆☆ 友田家住宅と遠州森駅(周智郡森町)
★ 天竜浜名湖鉄道「遠州森」駅(国指定登録有形文化財)
1.「森掛川」I.C. から「遠州森」駅まで。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202207article_13.html
2.「遠州森」駅。枕木使用の掲示、木製建具・木製ベンチ、切妻造の車寄せ、「遠州森」(駅)の石松、なまこ壁のトイレ。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_1.html
3. 静岡銀行と天浜線のラッピング列車。地方と都市圏との状況の違い・静岡県と非静岡県の違いを理解できない一条オリジナル遠州人。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_2.html
★ 友田家住宅(重要文化財)
1. 「遠州森町」スマートインターチェンジから友田家住宅まで。山と清流がここちよい吉川沿いの県道399号。浜松は「ヤマハ・カワイ・ホンダ・スズキ・何ちゃらエレクトロニクスのある大都市だ」と言いながら坪単価については「日本一物価が安いどいなか」だと主張するダブルスタンダード・二刀流使いのズルイ「(株)一条工務店の遠州人」〔今回〕
2.山間部の民家・狼除けの格子・大戸口と入口脇の囲い。住宅営業は入居者宅に案内していい人といけない人を見分けないといけない。どこの女子大に行ったかだけで「お嬢さま」と判断してありがたがる慶應内部進学、そういういびつな思考を「外部の者」に「教育」したがる教授 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_4.html
3.広間と御霊屋、槍の間・中の間・奥座敷と床の間。架構を魅せる広間と天井が貼られた奥座敷。機能性のある濡れ縁。狼除けは動物の狼を除けるためのものだったのだろうか。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_5.html
4.一般の柱と同材を床の間の柱とした床の間。中の間と奥座敷は二間続きだが、槍の間と中の間との間には柱が立っている。山を背にした立地。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_6.html
5.火鉢か掘りごたつくらいの高さのある囲炉裏があるダイドコロ、上屋・下屋からなる構造、叉首構造と和小屋組の融合型の小屋組、土間と広間の境目の本鴨居。「狼除け」と土間と広間の境目の建具は防禦用なのか収容用か https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_7.html
6.上屋・下屋からなる構造、自然木を使用したつっかい棒、屋根の上の換気棟? きれいでここちよい吉川沿いの道。「国民を守る」ではなく「国家を守る」自衛隊募集のポスター。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202208article_8.html


◎ 静岡県シリーズ
★ 駿河地域
☆ 旧 植松家住宅 と 五竜の滝(静岡県裾野市)
1.裾野I.C.から裾野市中央公園。怖い吊橋。裾野市石脇から移築された旧植松家住宅。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_5.html
2.植松家、引戸の入口、大黒柱と架構、ヒロマと囲炉裏。農家では天井高は高い方がいいが武家ではそうと決まっていないことを理解できない一条オリジナル。「剣道やってる」がエライと信じて疑わない「アタマがラグビー」。「男のくせに音楽をやるなんて女々しい奴だ」と言う人間と「音楽をやって何が悪いか」と言う人間はどちらが「根性ある」か。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_6.html
3.座敷、格子、ムカイ。3種類の外壁。格子は当然、縦残。江戸時代中期民家は「閉鎖的」か。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_7.html
4.茅葺の屋根、竹の垂木?、外壁ラインから外に出た物入れ。弁護士を頼んだ為に競売に入れなかった経験。弁護士は役に立たない。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_9.html 
5.五竜の滝〔黄瀬川の3つの雄滝と深良川の2つの雌滝〕と吊橋(「五竜のかけはし」)。樹林から見た旧 植松家住宅。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_12.html
「カウンセリング」「カウンセラー」の問題点~旧植松家住宅 見学に際して。
【1】「男は強姦できるから女よりえらいんだよ」と「心理学の学説」たれる「カウンセラー」、「カウンセラーはメンタルな仕事だから酒飲まずにはおれないんだよ」と勤務時間中に泥酔する「カウンセラー」、入居者にからむストーカー「カウンセラー」、若い人間に相手になってもらおうとロビーをうろつく「カウンセラー」・・・ https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_10.html
【2】 《「いい子で育つ」と問題がある大人になる》という「心理学」の「学説」の間違い。《「叩きこむ」カウンセリング》と「弥陀の本願によりて」身に着く「カウンセリング」の違い。「自分をえらいと思っている人」と人を罵る自分をえらいと思っている自称「カウンセラー」 「セラピスト」の言うことを聞く前に「セラピスト」を見てください。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_11.html

☆ 小休本陣 常盤家主屋(静岡県富士市岩淵)
1.富士川サービスエリアから富士川橋まで。富士川と富士山。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202109article_2.html
2.富士川橋付近から小休本陣まで。「あいの宿」「小休(こやすみ)」とは。薬医門。門前から見える富士山は絶景。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202109article_3.html
3.座敷の前の土間、高くなった上段の間、上段の間から富士山が見える配置。槇の大木。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202109article_4.html
4.床柱と長押がぶつかる部分で長押を前に持ってくるか手前で止めるか。静岡県では長押を前まで持ってくる例。「浜松流」独善主義の会社。ダンピングとテレビ広告で売る静岡県・愛知県の営業 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_1.html
5. 静岡県型神棚。本来の営業担当を退け関係ない「浜松流」に遠方まで契約に行かせて「静岡県型」神棚を福島県に押しつける一条工務店と営業本部長。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_2.html

☆ 清源院と天満天神宮(静岡県富士市岩淵)
1.小休本陣常盤家から清源院まで。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_3.html 
2.東名「富士川」S.A.から清源院まで。転勤を伝えて住宅を購入させて別の場所に勤務させる某一条工務店。先任従業員が耕した後の場所で営業させてもらって、その自覚がない男。前からいる従業員が努力して用意したものは「あるもの」と思い込むオバサン従業員。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_4.html
3.水子・子育観世音菩薩。「子供」を大義名分にかかげて人の親や子を食い殺す女と男、およびその子供。「子供のない者は子供のある者に年玉よこせえ」と叫んで職場で追いかけてくるストーカーおやじ。「子供」帝国主義女と男に水子にされた、産まれてていたかもしれない子供を追悼する。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_5.html
4.静岡県富士市岩淵の天満天神宮https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202110article_6.html

☆ 登呂遺跡(静岡市駿河区登呂5丁目)
1.「日本平久能山」スマートI.C.から登呂遺跡へ。駿河と遠江は違う。静岡市に勝とうとする浜松市。京大・阪大の工学部を落ちて静岡大工学部に行った者で「誰がこんな所にいるもんか」と言って出て行く者の話をすると「こんな所とはなんだあ」と激怒する遠州人。片方で浜松は都会だと言い、他方で日本一のドイナカだとダブルスタンダードを主張する卑怯な「(株)一条工務店の遠州人」https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_7.html
2.切妻屋根に似た竪穴式住居。高床式倉庫。棟持柱で支える祭殿。一体式屋根の竪穴住居と2つの部分に分かれた屋根の竪穴住居。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202108article_1.html
3. 登呂遺跡博物館。「エスキモーの家」か「弥生時代の人の竪穴住居」みたいな「浜松の家」の展示場に勤務した経験と傲慢な「遠州人」。認知度の低い時代に苦労して尽力した従業員を「すて石」にする「一族」の会社。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202108article_2.html

★ 遠江地域
☆ 加茂荘花鳥園・加茂邸(掛川市)
1.「森掛川」I.C.より加茂荘花鳥園。温室と鳥舎。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202006article_2.html
2.花菖蒲園と長屋門。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202006article_3.html
3.加茂家住宅(1) 正玄関、土間、大黒柱・梁、庭の池と亀島と花。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202006article_4.html 
4.加茂家住宅(2) 座敷、広縁・濡れ縁、廊下交差箇所の納まり、差鴨居。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202007article_1.html
5.加茂家住宅(3) 床の間 2か所。一般の柱と同材同寸法の床柱と長押の関係。床の手前の横の位置の付書院。きれいな襖絵。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202007article_2.html
6.加茂家住宅(4) 加茂家住宅の神棚は「竈の神さま」なのか。「浜松流神棚」を他地域に押しつける一条の営業 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202007article_3.html
7.加茂家住宅(5) 窓の格子。「理由のある」桟の作りと「理由のない」作り。味噌蔵・米蔵。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202007article_4.html

☆ 谷崎天神社と天竜浜名湖鉄道「遠江一宮」駅(周智郡森町)
1.遠州森町スマートインターチェンジから谷崎公民館まで。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_1.html
2.鳥居・手水・牛の像・拝殿・幣殿・本殿。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_2.html
3.拝殿内の牛の像。鷽、亀石。梅園。三末社。心底むかつく(株)一条工務店の掛川営業。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_3.html
4.天竜浜名湖鉄道「遠江一宮」駅。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202112article_4.html

☆ 大鐘家住宅と相良城跡(静岡県牧之原市〔旧 相良町〕)
(1)田沼意次の城下町相良の牧之原市片浜にある大鐘家住宅 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202009article_7.html
(2)井桁に組んだ梁・千木の載る長屋門・酔芙蓉。なぜ川勝平太は事故を起こした原子力発電を製造した会社の責任を問わずに、放射線量検査の方を拒否するのか https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202010article_1.html
(3)地形に合わせた建物の配置。「母屋」「上屋」と「庇」「下屋」。表側の庭と裏側の「小堀遠州庭園」https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202010article_2.html
(4)床の間と床脇。床柱と長押の位置関係。遠州流を他の地域の人に押しつける(株)一条工務店。会社のために協力する従業員を罠にかける(株)一条工務店 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202010article_3.html
(5)神棚の造りについて。その地域のやり方を無視する(株)一条工務店の営業。会社のルールを無視する営業本部長 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202010article_4.html
(6)土蔵・資料館。大鐘家の裏の丘からの眺望。相良城跡と田沼意次。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202010article_6.html 

☆ 中田島砂丘(浜松市南区)
1.浜松インターから中田島砂丘へ。遠州灘海浜公園の風車と凧と桜。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202106article_7.html
2.樹木の生えた丘と土の丘が2列にある。テトラポッドが沖に。労基法違反の会社・脱税経験の会社・安全対策不備の会社から浜松市は寄付金をもらっていいのか?https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202106article_8.html
3.2列の丘。土の丘から見た浜松駅付近。高層ビルをありがたがる精神面がイナカモン。一条浜松流営業のデタラメhttps://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202106article_9.html
4.海側の丘は砂丘でなく人工の「防潮堤」だった。従業員の賃金をへつったカネが「防潮堤」に化けた。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_1.html
5.陸側の丘に生える松は黒松か赤松か。松丸太梁に使われる松は黒松ではなく赤松の方が良いのか。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_2.html 
6.恥知らず「一条堤」碑。従業員の給料削ったカネを寄付する労基法違反の会社を称える浜松市と浜松商工会議所。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_3.html
7.「防潮堤」は津波対策として河口付近には役に立たないのではないか。両隣の市にはむしろ津波の害を大きくすることはないか。CSG工法とは。自然に広まった名称が「通称」で誰かが決めたような名前は「通称」ではない。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_4.html
8.もともと、地元向けで観光用でない中田島砂丘は観光資源としては要らないのではないか。「防潮堤」が海側と陸側に「砂丘」を分けたことの影響。砂丘は保護すべきものか撤去すべきものか。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_5.html
9.建物はあっても閑散とした倉松町の(株)一条工務店跡? 木材は潮風にあたると傷むのか? 「遠州人だけ得することならどんなことでも『やらまいか』」という「やらまいか精神」による「防潮堤」https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202107article_6.html
[第809回](株)一条工務店は創業以来、TVコマーシャルをやってきた。「借入金0」の論拠を示せ。中田島砂丘がやせる対策は防潮堤でいいのか?~インターネット上の嘘もしくは誤解を指摘する。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202012article_5.html

☆ 中村家住宅(浜松市西区雄踏町宇布見 〔うぶみ〕)
1.浜松IC・浜松西ICから中村家住宅まで。長屋門。茅葺と瓦葺のミックスの屋根。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202104article_2.html
2.「和小屋組と扠首(さす)組が合わさった小屋組」、「浜松なのにイナカくさくない」。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202104article_3.html
3.「押板」・畳敷きの部屋の囲炉裏・女性的な造りの和室。茶室。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202104article_4.html
4.「鏡戸」「板戸」。内側の雨戸、縦桟の格子。「面取り」した柱とそうでない柱。噛み合わせを設けて継いだ木材。細くない「貫」。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202104article_5.html
5.胞衣塚・天神社跡地・茶室・屋敷神祠・井戸屋形、満開の桜。3月下旬、中村家住宅の桜。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202106article_7.html
6.中村家 北西の天神社。元 中村家の氏神だった天神社。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202104article_7.html

☆ 深奥山方広寺(浜松市北区引佐町奥山)と「信教の自由」を侵害する者
1. 八百長の通算契約棟数全国1位。遠州地方の営業の我田引水。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_1.html
2. 商品を大事に思う心。住宅営業にとっての知識。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_2.html
3. 払うべきカネを払わない者。掛川の人口は4万人ではない。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_3.html
4. 営業は自分で考えるもの+協力を求めてそれで契約になるのなら。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_4.html
5. うかつに「売れる人」と言うな。営業は大貧民ゲーム。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_5.html
6. 山門。 「もうかってる」会社が人をやめさせてよいのか。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_6.html
7. 弁天堂。 利益を生み出したのは労働。使用者に媚びる俗物寺。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_7.html
8. 椎河龍王。亀背橋。「信教の自由の侵害」を認識できないのは「病」 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_8.html
9. 三重塔。 堂宇を増やすのが寺の発展なのか。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_9.html
10. 鐘楼、本堂。 裏口は嫌い。従業員の労働が化けた羅漢? https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_10.html
11. 上天台舎利殿、観音堂。 「親に感謝」は「教育勅語」の思想。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_11.html
12. 開山堂、勅使門、半僧坊真殿。 本人が希望しないお守りは害がある。 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_12.html
13. 七尊堂(富士浅間・春日・伊勢・稲荷・八幡・梅宮・北野)と稲荷社 https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_13.html
14. 不良ボーズによる宗教の強制は国民に信仰心を妨げる https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_14.html 
15. (株)一条工務店の従業員の給料へつった金が、深奥山方広寺門前のじいさんとその孫の小遣いに化けた https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/201707article_15.html
(番外)『ゴルゴ13』と考える「信教の自由」。「信教の自由」を侵害する深奥山方広寺は宗教失格。「信教の自由」を侵害する営業は三流の営業。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/202001article_4.html 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック