平山お願い薬師・東光院(千葉市)参拝【3/4】鐘楼・大日如来堂・平岡神社。マルクスは「宗教はなぐさめ」と言っても「宗教は毒薬」とは言っていない・・ということを理解しない迷惑な医者屋(裏口タイプ)。

[第972回]
  平山お願い薬師・鈴得山 東光院 大金剛寺(千葉市緑区平山町)参拝の3回目です。
  本堂に向って右手前の位置に弘法大師の立像と大師堂があり、その右に「厄を搗き落とす」というものがあります。↓
DSC01911.JPG
↑ 弘法大師(空海)の像が立っているように、鈴得山 東光院 大金剛寺 は真言宗の寺で豊山派(奈良県の長谷寺が総本山)に属するそうです。
  ↑ の写真で、大師堂や弘法大師像の後ろに見えるお堂は大日如来を祀るお堂のようです。 「厄を搗き落とす」の右側に階段がありますが、その階段を登ると右手に、↓ 
DSC01912.JPG
↑ 鐘楼があります。
  下から見上げた時に見えた建物 ↓ がこの鐘楼でした。
DSC01897.JPG

  鐘楼の北側に、↓
DSC01913.JPG
お堂の入口、左側の柱に「大日如来」と書かれています。
大日如来とは《 大日如来(だいにちにょらい、梵: Mahāvairocana)は、真言密教の教主である仏であり、密教の本尊。(日本密教においては)一切の諸仏菩薩の本地。・・》(ウィキペディアー大日如来 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E5%A6%82%E6%9D%A5 だそうです。
  ↑ の写真が大日如来堂の正面で、左側の面が弘法大師像・大師堂・「厄を搗き落とす」の後ろに見えます。↓
DSC01911.JPG

  大日如来堂の右側に石段があって、石段の上に鳥居が見えます。↓
DSC01914.JPG
↑ この石段の上に見える祠が平岡神社 のようです。↓
DSC01915.JPG
もっとも、この祠の右手で、矢的がされていて、矢が当たると何とか・・と言っているのですが、矢が当たると厄が払われるか、いいことがあるか、そういったことを言っていたようですが、矢的が悪いとはいいませんが、人それぞれに考えがあるのでえしょうから、そういうものをこじつけるというのは、いいと思う人もいるかもしれませんが、私はあまりいいとは思いません。

  大師堂・弘法大師像・「厄を搗き落とす」よりも本堂に近い場所、本堂の右手前に授与所があり、お守りなどが置かれています。又、「お納め所」として「古いお守り」などをここで引き取ってもらえますが、「当山授与品に限ります」と書かれています。↓ 
DSC01910.JPG
このさらに右手前で御朱印をいただけます。
  この「お納め所」に関して、1998年に(株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ において、今現在では静岡県浜松市北区 になった場所にある深奥山方広寺という臨済宗に属する寺の「研修所」に強制的に「研修」に参加させられるという「信教の自由の侵害」という人間にとって極めて重要な人権を(株)一条工務店と深奥山方広寺とその堕落ボーズに侵害されたということがあり、その際のこの寺の不良ボーズの態度について思い出しましたが、その点については次稿において述べることにしたいと思います。

※ 平岡お願い薬師・鈴得山 東光院 大金剛寺 HPhttps://www.tokoin.com/
ウィキペディアー東光院(千葉市) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%85%89%E9%99%A2_(%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82)
  インターネットで検索すると「東光院」は千葉市緑区平山町の鈴得山 東光院 大金剛寺 だけではなく、他にも、宮城県伊具郡丸森町・東京都台東区・千葉県木更津市・千葉県白井市・神奈川県川崎市麻生区・岐阜県恵那市・名古屋市南区ほか全国に何か所も「東光院」はあり、大阪府豊中市南桜塚1丁目にある、俗に「萩の寺」と言われる曹洞宗の寺も、正式名称は「仏日山 吉祥林 東光院」でした。〔ウィキペディアー東光院(豊中市)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%85%89%E9%99%A2_(%E8%B1%8A%E4%B8%AD%E5%B8%82) 〕

  次回、「信教の自由」を侵害する存在である静岡県浜松市北区引佐(いなさ)町奥山 の 深奥山方広寺と言う臨済宗に属する反社会的勢力の寺とそのボーズの反宗教的行為について述べます。

  1970年代の終わり、私が19歳だった時、うちの父親の親友の医者屋のM川〔男。当時、50代前半。大阪府豊中市在住。勤務場所も豊中市。自称「金沢大学医学部卒」だが嘘くさい。実際はドバカ息子を「患者」を薬漬けにして得たカネで私立金権関西医大https://www.kmu.ac.jp/ に裏口入学させたというのを自慢しまくりしていたが、本人もまた私立金権関西医大卒か、そうでなければ「かわいいキンタマ」(川崎医大+愛知医大+金沢医大+埼玉医大=かわいいキンタマ)くらい卒か。〕が「『宗教はアヘンじゃ』とマルクスは言うてお~る」と主張して宗教弾圧をおこない、うちの父親は親友の医者屋のM川からそう言われたことにより、「そうじゃ、その通りや♪ 『宗教はアヘンじゃ』とマルクスが言うてお~る! とってちってたあ~あ!」「焼き討ちじゃあ~あ、焼き討ちじゃあ~あ! 焼~き討ちじゃあ~あ! 『宗教はアヘン』じゃ。専門家のおっしゃることや、専門家。専門家の先生がおっしゃることや、専門家♪」などと言っていたのだが、M川は、まず、そのカール=マルクスの発言の内容を間違えて理解している。
(1)  これは日本共産党宗教委員の蔵原惟人氏が『宗教 その起源と役割』(新日本新書)でわかりやすく述べていることだが、カール=マルクスは「宗教はアヘン」という言葉を使ったことがあるか、というと、何度も何度も使ったわけではないが、『ヘーゲル法哲学批判序説』(岩波文庫)の中で一度だけ、この表現を使用している。エンゲルスはこの表現を使用したことはない。レーニンもこの表現を使用したことはない。
 さいとう たかを『ゴルゴ13』の中で登場人物の中国人が「レーニンが『宗教はアヘン』と言った」と発言しているが、レーニンは「宗教はアヘン」という表現を使用したことはない。さいとう たかを の誤解・誤認識である。
  蔵原惟人『宗教 その起源と役割』(新日本新書)によると、レーニンは「宗教はアヘン」という表現を使ったことはないが、マルクス・エンゲルスとレーニンの3人の中では宗教批判が最も厳しかったのはレーニンであったが、それはロシアにおいては政治と宗教の結びつきが他の国よりも強かったからということがあったようだ。〔正教(オーソドックスチャーチ)がカトリックと離別する時、東ローマ皇帝が自ら正教の教皇になったことから、ロシア革命前のロシアにおいても、セザロパピズム(皇帝教皇主義)と言って皇帝が教皇でもあるという状態が続いていた。〕しかし、レーニンが宗教というものを全面的に否定していたのかというとそうではないようで、晩年になって「人類の偉大な遺産を尊重せよ」とも言っていたらしい。
(2) 「宗教はアヘン」という表現はマルクスだけが使った表現かというと、そうではない。わかっているだけでも、詩人のハイネ・哲学者のヘーゲルなどがこの「宗教はアヘン」という表現を使っており、マルクスだけが使った表現ではない
(3) 「宗教はアヘン」という表現を最初に使ったのはマルクスなのか、というとそうではないと思われるが、最初に使ったのが誰かはわからない。最初に使ったのは誰かはよくわからないがマルクスではないと思われる。「宗教はアヘン」という表現はカール=マルクスが生きた時代のドイツでよく使われていた表現だったらしい
(4) 「アヘン」という言葉には「毒薬」という意味と「なぐさめ」という意味の2通りの意味がある。宗教の中には毒薬のような宗教も中にあるけれども、マルクスは毒薬のような宗教を批判する時にはこの「宗教はアヘン」という表現を使っていない。そうではなく、マルクスは『ヘーゲル法哲学批判序説』の中においては、キリスト教やユダヤ教のような宗教について「宗教は貧しい人たちにとってのなぐさめである」という意味で「宗教はアヘン」という表現を一度だけ使っている。決して「毒薬」という意味では「宗教はアヘン」という表現を使用していない。
  そして、高神覚昇『般若心経講義』(角川文庫)で高神覚昇氏は、マルクスが「宗教はアヘン」という言葉を使った時、マルクスはキリスト教のような宗教を想定して「宗教はアヘン」と言っているのであって、仏教のような宗教を想定して「宗教はアヘン」とは言っていないと述べているが、これもそうだろう。
  イタリア映画『イル ポスティーノ(郵便配達人)』では、郵便配達を仕事とする男が結婚する際の立会人として、郵便配達の仕事で知り合ったチリの詩人でイタリアの島に亡命していた共産党員のパブロ=ネルーダに頼みたいと言うと、司教なのか司祭なのかは「パブロ=ネルーダは共産党員だからだめだ。彼らは神を信じない」と言い、さらに「共産党員は子供を食うぞ」などとまで言うが、司教だか司祭だかがそういった誹謗中傷を言うまさにその前でパブロ=ネルーダは祭壇の前に跪き両手を合わせて神に祈りを捧げる。
  M川はこれら(1)~(4)について、まったく理解せず、おのれの無知・無理解・不認識をもとに勝手なことを言いまくっていたのであった。おそらく、『ヘーゲル法哲学批判序説』を一通り読むこともせずに言っていたと思われる。映画『イル ポスティーノ』もM川は見たこともないだろう。焼き討ち織田信長大好き人間のうちの父親はそんな男の身勝手ないいかげんな発言に洗脳されて「焼き討ちじゃあ、焼き討ちじゃあ」などと言っていたのだった。裏口派の医者屋のM川という男は、まったくつくづく迷惑な男だった。
ユダヤ人問題によせて ヘーゲル法哲学批判序説 (岩波文庫 白 124-1) - カール・マルクス, 城塚 登
ユダヤ人問題によせて ヘーゲル法哲学批判序説 (岩波文庫 白 124-1) - カール・マルクス, 城塚 登
宗教 その起源と役割 (新日本新書 250) - 蔵原 惟人
宗教 その起源と役割 (新日本新書 250) - 蔵原 惟人
アブない大学病院―“白い巨塔”で行なわれていること これじゃ患者はたまらない! (ベストセラーシリーズ・ワニの本) - 寺岡 元邦
アブない大学病院―“白い巨塔”で行なわれていること これじゃ患者はたまらない! (ベストセラーシリーズ・ワニの本) - 寺岡 元邦
イル・ポスティーノ [DVD] - フィリップ・ノワレ, マッシモ・トロイージ, マリア・グラッツィア・クチノッタ, マイケル・ラドフォード, マイケル・ラドフォード, マッシモ・トロイージ, フィリップ・ノワレ
イル・ポスティーノ [DVD] - フィリップ・ノワレ, マッシモ・トロイージ, マリア・グラッツィア・クチノッタ, マイケル・ラドフォード, マイケル・ラドフォード, マッシモ・トロイージ, フィリップ・ノワレ
  うちの父親はそんないいかげんな男M川とどこで知り合って「親友」になったのかというと、大阪市北区の扇町のあたりに北野病院という不良病院があるのだが〔北野病院のホームページhttps://www.kitano-hp.or.jp/ によると、正式名称を「公益財団法人 田附興風会 医学研究所北野病院」と言うらしい。うかつにかかると「医学研究」されそうで、怖い怖い怖い怖い・・〕、そこの院長だか副院長だかの田附(たづけ)という男から紹介されたらしかった。なんで、その北野病院の院長だか副院長だかと知り合いだったかというと、うちの父親の勤め先の会社で、従業員が普段、かかるように「提携」までしていたのかどうかわからないがつきあっていた開業医のおっさんのSさんが会社の近くにいて、従業員の健康診断など開業医では対処できないものについて北野病院に頼んでいたらしかった。その縁で田附というろくでもない男と知り合いだったらしいが、その田附がM川をうちの父親に紹介したことから「親友」になったらしく、その「親友」の裏口自慢男が「『宗教はアヘンである』とマルクスは言うてお~る」とうちの父親に吹き込み、吹き込まれたうちの父親は「『宗教はアヘンである』とマルクスは言うてお~る。医者の先生がおっしゃること。絶対に間違いあらへん。焼き討ちじゃあ、焼き討ちじゃあ、焼き討ちじゃあ~あ!!!」と毎日叫ぶようになったのだった( 一一)  まったくつくづく迷惑な医者屋であるが、それを紹介した北野病院の田附もまた極めて迷惑な男であり、反社会的勢力と言うべきであろう。
 (2022.1.13.)

《 今日世間では現代には宗教は要らぬというような声を聞く。われわれにはナンセンスにしか聞こえない。生きることがすなわち宗教になっているわれわれには、宗教は要る、要らぬの問題ではない。それは生きることは要らぬというに等しいのだ。
  信仰を日々夜々用いて生きてるわれわれには、信仰は要らぬどころか片時も離すことはできぬ。われわれは信仰によって初めて、われわれのような罪根(ざいこん)の深重(じんじゅう)な、そして器量においてなんら取るに足るもののない光栄のない生命も、なお生きることを許されていることを信じることができる。・・・》
( 倉田百三『新版 法然と親鸞の信仰』2018. 講談社学術文庫。「はしがき」
 『法然と親鸞の信仰<上・下>』講談社学術文庫 1977. )
   (2023.1.23.)
新版 法然と親鸞の信仰 (講談社学術文庫) - 倉田 百三
新版 法然と親鸞の信仰 (講談社学術文庫) - 倉田 百三


☆ 平岡お願い薬師・鈴得山 東光院 大金剛寺 参拝
1.石段を登る。十三詣りに関し「十三(じゅうそう)」と「十三湖(じゅうさんこ)」についての小学校教諭の対応。息子を教育できない「中学校の校長先生」。「あんたが今日あるはすべてわしのおかげ」と父親から毎日四六時中耳鳴りするくらい言われてきた者としては「今日あるは すべてご先祖さまのおかげです」と言われても、もうええわ・・という気持になる。https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/495669372.html
2.本堂へ。薬師仏とつながる縄。病気平癒のお線香。大師堂。・・と「男盛」のおっさん? ならぬ「笑勉小坊」https://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/496197038.html 
3.鐘楼・大日如来堂・平岡神社。鐘楼・大日如来堂・平岡神社。マルクスは「宗教はなぐさめ」と言っても「宗教は毒薬」とは言っていない・・ということを理解しない迷惑な医者屋(裏口タイプ)〔今回〕
4.お納め所。仏敵 深奥山方広寺(浜松市)による信教の自由の侵害。お守りは持ちたいと思う者が受けて所持してこそ価値があり、その「お守り」は持ちたくないと思うものを嫌がる者に無理矢理持たせても害こそあれ益にならないhttps://sinharagutoku2212.seesaa.net/article/496722649.html
宗教批判をめぐる―宗教とは何か〈上〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
宗教批判をめぐる―宗教とは何か〈上〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
マタイ福音書によせて―宗教とは何か〈下〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
マタイ福音書によせて―宗教とは何か〈下〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック